屋形船で見るレインボーブリッジ

屋形船で見るレインボーブリッジ 都内の屋形船は、東京湾の内海で食事や夜景を楽しむコースが非常に多くあります。
他のコースも色々とありますが、人気が高いのがお台場コースとなります。
乗船場は、運営をしている会社によりそれぞれの場所から出航しますが、到着地は、お台場の内海で止まって、食事と夜景を楽しむのです。内海に到着する前には、有名なレインボーブリッジの真下を通り、壮大な風景を目にする事が出来るのです。到着した内海は、波がほとんど無いのが特徴となっていて、食事やお酒をしていても何も障害が起こらないのです。またカラオケなどをしていても海上なので誰にも迷惑が掛らず思いっきり騒ぐことも出来るのです。
会場からから見る夜景は前はお台場の夜景を楽しむ事が出来て、後ろはレインボーブリッジが目の前になるよな所に止まるのです。会場から見た絶景は一度見たら忘れられないような感動を覚える事となり、屋形船に乗船したという思いでは一生残る事となるのです。

屋形船からレインボーブリッジを楽しむ良さとは

屋形船からレインボーブリッジを楽しむ良さとは 荒川や江戸川、隅田川の河口周辺には多数の船宿があります。
船宿は宿泊施設があるお店と、宿泊施設を持たないお店がありますが、いずれも釣り船や屋形船などの娯楽船を用意しているお店で、東京湾での釣りを楽しみたい時には釣り船を用意している船宿を利用すれば、江戸前の食材を釣り上げる事が出来ます。
屋形船は船内が座敷になっている船で、貸し切りも可能ですし、色々な人が1つの船に乗り込んで、東京湾を周遊する事も可能です。
東京湾と言っても、お台場周辺などのエリアを周遊するのが特徴で、このエリアは比較的波も穏やかなので揺れも少なく、船酔いが心配な人でも安心して東京湾のクルージングや船内で調理が行われた天ぷらを食べる事が出来るなど、楽しみが色々とあります。
尚、船宿の船着き場を出発すると、お台場エリアに向う場合にはレインボーブリッジが正面に見えて来ます。
レインボーブリッジの下を通過する事が出来るのは屋形船を利用する良さの一つ、特に夕刻出発の場合にはレインボーブリッジのライトアップを楽しめます。

新着情報

◎2018/12/18

屋形船の繁忙期は夏
の情報を更新しました。

◎2018/8/27

利用料金と老人の取り扱い
の情報を更新しました。

◎2018/5/1

屋形船から楽しむ隅田川
の情報を更新しました。

◎2017/12/20

屋形船で見るレインボーブリッジ
の情報を更新しました。

◎2017/10/31

屋形船で人気が高いサービス
の情報を更新しました。

◎2017/8/31

サイトを公開しました

「屋形船 川」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@LilyzoH092324 屋形船って基本 を走るから 波が無い分 そこまで船酔いしないよ〜 ただ 風が強い日は波が立っちゃうから どうしても揺れるけどね( ̄▽ ̄;) 海の船の様な浮遊感は殆ど無いよ♪🚢

ついに屋形船に申し込む  錦の遊覧 twitter.com/i/broadcasts/1…

ギリシャ神話で、メデューサの血から生まれた翼を持つ天馬の名前は何でしょう? ペガサス★や海の上で宴会を楽しむ時などに使用される屋根と座敷がついた船を何というでしょう? 屋形船

ティフリスで、屋形船がーでんしたい。

Twitterチェル二ルーシ(キマ)@chernyrus

返信 リツイート 昨日 18:42

一刀両断! 有本姐さん、なんでも、隅田屋形船で混雑緩和やるみたいですよ。 船で会社まで何時間だよー! 誰もツッコミ入れねーのかね。 そのうち、荷たり船、オワイ船とか言いそう。

今日は初めての屋形船で宴会です(笑) 飲み過ぎてに落ちないようにしないと… pic.twitter.com/A0QhAnfFmf

返信先:@yonakuni_4 この後、普通にベタに道頓堀クルーズ屋形船みたいなの乗ったらめちゃくちゃ夜風が気持ちよかったぽよ。 大阪美味しいものいっぱいだから好き

息子からラインが来た。テムズクルージングだって!w 隅田屋形船の方が楽しいと虚勢を張ってみた!w\(^o^)/ pic.twitter.com/0k7F0aCJGL

Twittert_uchihara@プニノフうっちぃ@t_uchihara

返信 リツイート 昨日 7:16

隅田の、隅田にかかるあの鉄橋、赤く錆び付いた鋲が、あります。その橋の上から 俺はあの鉄風のごとき風が吹き付け、屋形船の芸者の少女と目が、あったのであります。

屋形船などで夜にお台場の辺りに行くと、夜間の水上(海・)観光資源の可能性を強く感じます。此れからの湾岸地域は場所によって役割を変えるだけでは無く、居住やビジネスとしての土地利用と観光地が隣接する“場”として昼と夜で顔(役割)の違う空間を作り上げるのも、1つの手段かと思えますね。 twitter.com/takumezawa/sta…